1. スチール家具
  2. 会社案内
  3. 経営理念・経営方針

経営理念・経営方針

経営理念・会社方針

「社員一人一人の活力がみなぎる」企業風土に「研き」をかける

以下の経営理念は、現代表取締役(二代目社長)が当社を承継するに際し、全社員に発表した普遍の理念です。

  1. 私たちは板金加工(塗装を含む)を通じて良い商品を社会に提供し、
    安全で快適な生活空間を創造します。
  2. 私たちはお客様の満足を通じて仕事に誇りを持ち、
    より良い生活を実現し、働きがいのある会社づくりに努力します。
  3. 私たちは常に新しい板金加工技術(塗装を含む)について積極的に学び、
    自分たちのものとし、共有化することによって、技術レベルの高い信頼される会社を目指します。

経営理念とは、「その会社の存在理由や社会的な目的は何か」、「経営にあたっての基本的な考え方とは何か」、「会社の基本的な姿勢とは何か」を示したものです。理性によって到達する最高の考え方、根本的な信念を意味します。つまり、経営理念は、会社がこれからも存続し続けるために採るべき方向性や考え方、そして夢の源泉であるといえます。
これまで私たちは事業の発展に向け、志や夢を持つ社員全員が、当社の理念という同じ価値観のもと情熱と熱意を持って創意工夫する「社員一人一人の活力みなぎる企業風土を持つ会社へ」という考え方に則り、企業風土の「磨き」に努め、これを当社の文化として根付かせてきました。
これからは中堅企業を目指す当社。中堅企業としての盤石な土台を築くためには、これまで整えた企業風土を研ぎ澄まし、社員一人一人が更なる高みを目指す「研き」を求めなければなりません。社内外を問わずお互いに研鑽し、そして次世代を育て、社員一人一人の活力がみなぎる新たな企業風土を創造。これは、普遍の経営理念のもと、第6次中期経営計画に挑む当社にとって不可欠な取組みの一つです。
第6次中期経営計画より取組む共通職能基準書、専門職職能基準書は、社員一人一人の道しるべとなり、自らを研く方向性を指し示しています。また当社では、景気に左右されず新卒採用・中途採用を続けてきましたが、これは組織に新たな風を吹き込み、既に活躍する社員たちの刺激になります。現場レベルでは、価値観の違いゆえ意見が食い違う場面も多く見られました。このような場面こそ、時には経営環境、時には受注案件、そして時には製品づくりにともに向き合い、お互いの知恵を戦わせ前に進む姿であり、企業風土が研かれていく瞬間であると確信しています。
外部(社外)と外部(社外)そして内部(社内)を繋ぐハブ(HUB)として機能する当社。これからも、協力会社との連携を更に推し進め、新たな一貫生産体制に研きをかけることを目指しています。そのためには、経営理念や組織風土を外(社外)と内(社内)の線引きなく共有し、一体となって創意工夫を求め続ける必要があります。これからも協力会社とともに、縫目のない組織として、CSR(企業の社会的責任)、すなわち中堅企業としての責任を追い求めます。

経営理念・会社方針

中堅企業としての責任を認識し、社員みんなが誇りを感じる企業を目指す

当社は2011年の大幅かつ急激な受注量の増加を契機に、それまでの内製化率を高める方針から、協力会社を積極的に活用する方針へと大きく舵取りを変更しました。また、第5次中期経営計画では、「社内外の資源を有効に活用し、地域に必要とされる企業として自他共に認められる会社となって、創立50年を迎えよう」をスローガンに掲げ、地域企業とのネットワークを持つハブ(HUB)的役割が果たせる企業を目指して取組んできました。さらに、受注業務を工程に分ける「加工分解能力」、協力会社の得意を見極める「目利き能力」に研きをかけ、製造プロセスの内外を問わない、品質と効率の維持・向上にも努めてまいりました。
これらの取組みが功を奏し、第5次中期経営計画の3年間は、過去最高の受注量であった2011年実績を遥かに上回る受注量そして売上高となりました。
他方、第5次中期経営計画期間中の大幅な受注増に対しては、当初から盤石な体制をもって臨めたわけではありません。外部環境の変化や時代の要請に精一杯応えながら土台を固め、その傍ら、大幅かつ急激な受注量の増加に対応してきたことも事実です。つまり、守りながら攻め、また攻めながら守り、度重なる試行錯誤によって、成長モデルを模索してきました。
協力会社の積極的な活用を進め、当社単独の製造能力(年商13億円)を遥かに超える受注(年商20億円)に対応できる仕組みを持つ現在、これまでの「中小企業」から、ハブ(HB)的役割を果たしながら「中堅企業」として新たな高みを目指す、大きな節目を迎えています。
第6次中期経営計画は、「中堅企業としての責任を認識し、社員みんなが誇りを感じる企業になろう」を掲げ、「トップダウン・ボトムアップ」から「ミドルダウン・ミドルアップ」に変革、全員が当事者意識を持って行動する組織を目指しています。具体的には、現場の一人一人が自ら考え、内(自社)と外(協力会社)を問わない一貫生産体制を日々進化させます。そして、お客様に認められ、より多くの信頼を獲得するための「ひとづくり」「仕事づくり」「ものづくり」にこだわり、全社員が責任と誇りを感じる企業そして組織づくりを目指します。


株式会社仁張工作所 営業課までお気軽にご連絡ください!

株式会社仁張工作所の営業課です。

株式会社仁張工作所のホームページにアクセスして頂き、誠にありがとうございます。
当社ではスチール家具や板金加工についての様々なご意見をお聞かせ願いたいと考えております。ホームページについての感想、お問い合わせ・見積もり依頼など、お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る