過去から現在まで

機械課設備一覧

No. 名称 形式 能力 合計台数
1 ファインミクロンベンダー(曲げ加工) FMBⅡ-3613NT   計3台
2 ハイブリットベンダー(曲げ加工) HG8025 80t 計2台
3 ハイブリットベンダー(曲げ加工) HDS5020 50t 1台
4 プレスブレーキ RG-50   2台
5 3本ロールR曲げ機     1台
6 材料ストッカー AMSPASE-1048   2台
7 シャーリングマシン M1245   1台
8 材料自動供給装置付コンパクトレーザー+パンチプレス LC2012-C1   1台
9 材料自動供給装置付コンパクトレーザー+パンチプレス EML3510NT   1台
10 超高速CNCターレットパンチプレス EM-2510NT 20トン 1台
11 金型保管庫 1式
12 自動金型研磨機 TOGU III 2台
13 丸鋸精密切断機 PRIMAC-370L 1台
14 バレル研磨機 高田式 1台
15 タップ機 KMBT-406 1台
  • イメージ
    ファインミクロンベンダー(曲げ加工) FMBⅡ-3613NT

    2014年5月に本社工場と三和工場に各1台ずつ導入したネットワーク対応型ベンディングマシンです。金型の配置や突き当ての段取りを搭載されたAMNC/PC画面に入力でき、且つ、加工形状と作業段取りが画面に立体表示されるため段取りの削減につながります。高性能ACサーボがもたらす、フットペダルの素早く軽快な操作性と曲げ角度左右独立補正で簡単・高精度なステップベンドにより高速・高精度な曲げ加工を実現できます。

  • イメージ
    EML3510NT+ASR48NTK 5段仕様

    能力:30ton
    6t仕様ブラシテーブル
    Zタレット
    テイクアウトローダー
    最大加工寸法:2500×1270(複合加工)
    最大加工板厚:軟鋼材6t、SUS6t

    EMの高速加工にレーザー加工がプラスされ更にサイクルロ-ダーを装備する事で昼夜を問わず品質向上、生産性・作業性大幅UPな自動運転が可能です。データー作製においてもAP-100・WINNEST・Dr.ABE を使用する事で小ロット・大ロット・短納期に柔軟に対応しています。テイクアウトローダーを装備しジョイントレス加工が可能です。

  • イメージ
    材料自動供給装置付 コンパクトレーザー+パンチプレス LC-C1

    2012年から本社工場に新規導入、EMLとのツインでの夜間運転で、初工程である“抜き工程”の能力UPに大きく貢献しています。CAM側からのデータ読み込みで負荷を共有化、安定した供給ができるようになりました。窒素によるクリーンカットや酸素によるレーザーカットでバリ取り作業を撤廃、曲線等についても対応可能です。

  • イメージ
    EM2510NT

    能力:20トン
    最大加工板厚3.2トン
    ブラシ浮上装備
    最大加工寸法:3500×1270

    材料の供給は手動ですが、加工スピードが拘束のため、生産性の向上に大きく貢献しております、従来では、曲げ加工でしか出来なかった切り起し等の加工も可能です。多品種変量生産を実現すべく、無人運転が可能なEML、C1とも併せ都度最適なタレパン設備の活用を心掛けております。

  • イメージ
    金型保管庫

    多品種な製品に対応する為、豊富な金型を保有し、お客様のニーズにお応えします。

  • イメージ
    材料ストッカー

    短納期に対応する為、色々な材料をそろえてご注文をお待ちしています。

  • イメージ
    ハイブリットベンダー(曲げ加工) HDS8025

    新たに導入した曲げ加工設備です。曲げ速度が20mm/sという高速加工を実現し、かつ曲げ精度の高いマシンです。ベンドCAM(ベンディングデータ自動プログラミングシステム)で加工データを自動作成でき、加工データを蓄積していくことが可能です。また、ステップベンド(金型をいくつか並べて工程毎に金型を渡り歩く、流れ作業のような加工)を行えます。加圧能力は80t、加工範囲は2.5mとなります。

  • イメージ
    ハイブリットベンダー(曲げ加工) HDS5020

    ハイブリッドベンダー(HDS8025)と同様、高速加工(曲げ速度20mm/s)と高い曲げ精度を実現可能な最新型の曲げ加工機です。加圧能力は50t、加工範囲は2.0mとなります。ロッカーや筐体などの製作で次工程となる組立溶接工程での溶接組立のし易さや完成度は、この曲げ精度の高さによるところが非常に大きくなります。

  • イメージ
    プレスブレーキ

    型式:RG-50他
    能力:50トン
    台数:計10台(本社工場6台、三和工場4台)

    NCプレス・レーザー加工を終えた加工品は、次工程の曲げ工程に廻されます。ここで曲げ精度(寸法)を充分に出すことによって、次の組立溶接工程をし易くすることができます。また、あらゆる構造に対応できるよう、数多くの曲げ金型を保有しています。当社が得意とする箱物板金製品の良し悪しは“曲げ精度”に大きく左右されます。扉構造一つにしても曲げの直角精度がきちっと出ていないと見栄えが悪いものです。当社では合計10台のプレスブレーキと、今まで長年の間に財産として入手してきた曲げ金型によって、0.6t~3.2tまでの材料を高精度で曲げることが可能です。小さな部品から4×8尺材まで対応いたします。

オフィス家具・スチール家具の仁張工作所 株式会社仁張工作所

住所
〒578-0921 大阪府東大阪市水走3丁目14番6号
FAX
072-965-5241
E-Mail
sales@nimbari.co.jp
お電話でのお問い合わせはこちら 072-962-2888
営業時間:午前8:30~午後6:00
お問い合わせ